本文へスキップ
別府八十八湯めぐり
20012年4月28日。
温泉巡りも残りわずかとなってきたので、今日から8時までゆっくり寝ることにしました。
十文字原高原から見た別府湾と別府市街です。
右奥の山が猿で有名な高崎山です。

new豊山荘
宿泊先の双葉荘から国道500号に出て右折し、坊主地獄先交差点を左折し、坂道を下りて行き橋を渡ると右折する。小倉薬師温泉丘の湯、神丘温泉の前を通り、県道11号との交差点の手前左側に豊山荘があります。
1965年創業の和風温泉旅館です。
浴室は別棟で、道を隔てて共同浴場の小倉薬師温泉丘の湯、神丘温泉があります。
別府一、二のツルツル温泉と聞き訪れることに
しました。
細長い浴槽に熱いお湯が掛け流されています。
噂通りツルツルのお湯で、硫黄の香がしました。
終始貸切状態で、1時間を超える長湯になってし
まいました。
湯上りもポカポカで肌がスベスベし、とても気持
ちの良い温泉でした。

豊山荘(硫黄泉)
住所:別府市小倉4-2
入浴料金:\300
営業時間:12:00~14:00
☎:0977-21-8080

new花菱ホテル
豊山荘から県道11号に出て右折し、そのまま国道500を直進します。九州横断道路入口交差点を右折し、国道10号に入ります。北浜交差点の30m先を左折すると、正面に花菱ホテルが見えます。
1904年(明治37年)創業の児玉旅館が1922年(大正11年)に北浜ヨットハーバーに隣接する場所に建てた老舗大型ホテルです。
大浴場と展望露天風呂は、別源泉です。
エントランス横には、飲泉所と足湯があります。
大浴場と展望露天風呂が別の場所にあります。
今回は、大浴場に入浴しました。
広い浴室に熱湯と温湯の2つの浴槽があります。
お湯は、独自源泉で、加水、リン酸系薬剤を加
えて、掛け流されています。
大きな窓から景色を眺めながら入るのは気持ち
が良かったです。

花菱ホテル(塩化物泉)
住所:別府市北浜2-14-29
入浴料金:\500
営業時間:14:00~16:00
☎:0977-22-1211

newおにやまホテル
花菱ホテルを出て、国道10号を左折し、流川通り交差点を右折します。県道52号を進み堀田三叉路交差点を右折し、県道11号に入ります。県道11号を直進し、国道500号に入り、海地獄交差点を過ぎると左側に鬼山ホテルが見えてきます。
白池地獄の隣にある1964年創業の大型ホテルで、お湯は鬼山地獄からの引き湯です。
大浴場(内湯と露天風呂)の他に展望露天風呂や家族風呂もあります。
フロントで入浴料金を払い階下の浴場に向かい
ます。
大型ホテルだけあって、脱衣場、浴室共に広い
です。特に露天風呂の広さには圧巻です。
露天風呂には、熱湯注意と書かれた柵があり、
鬼山地獄からの引き湯がドバドバと流れていま
す。
広い露天風呂でゆったりと長湯を楽しみました。

おにやまホテル(塩化物泉)
住所:別府市鉄輪335-1
入浴料金:\800
営業時間:15:00~17:00
☎:0977-66-1121

new別府富士観ホテル
おにやまホテルを出て、国道500号を別府市街地方面に坂を下って行きます。九州横断道路入口交差点を右折し、国道10号に入ります。若草町交差点の1本先を左折すると別府富士観ホテルです。
別府湾に面した場所にあるのですが、北浜の旅館街からは少し離れています。
展望露天風呂方は、別府湾、高崎山、鶴見岳、別府市街が見れます。
大浴場と展望風呂が別の場所にあります。展望
風呂には、内湯と露天風呂があります。
今回は、大浴場に入浴しました。
浴室は、広くて天井が高いので、体育館のよう
な感じの浴室です。
広い浴場で貸切状態だと、ゆったり入浴が出来
るのですが、落ち着きませんでした。

別府富士観ホテル(単純泉)
住所:別府市若草町13-21
入浴料金:\500
営業時間:15:00~18:00
☎:0977-23-6111